スポンサーリンク

2019年09月02日

野田市のスパッタゴールドカーフィルム 船橋市のチタンカーフィルム 八街市のメタルカーフィルム


神奈川県のカーフィルム 東京都のチタンフィルム 千葉県のスパッタゴールドフィルム 茨城県のスーパーブラックフィルム 山梨県の車検クリアフィルム 埼玉県のメタリックフィルム 群馬県のプレミアムスモークフィルム 栃木県のスパッタ80 群馬県のチタンゴールドフィルム 横須賀市の車検対応断熱フィルム 横浜市のスパッタゴールドフィルム 川崎市の金属蒸着フィルム 厚木市のプライバシー保護フィルム 綾瀬市のメタルゴールドフィルム 伊勢原市の飛散防止カーフィルム 海老名市のスモーク断熱フィルム 小田原市の透明フィルム 鎌倉市のメタルフィルム 相模原市のソーラーガードカーフィルム 座間市のパステルカラーフィルム 逗子市のブロンズフィルム 茅ヶ崎市のスモークフィルム 秦野市のアルミ蒸着フィルム 平塚市のメタリックゴールドフィルム 藤沢市のブレインテックカーフィルム 三浦市の遮熱フィルム 大和市のパステルミラーフィルム 南足柄市のメタルゴールドフィルム 青葉区のスモーク断熱フィルム 旭区のプレミアムスモークフィルム 泉区のメタリックフィルム 磯子区のスーパーブラックフィルム 神奈川区の透明断熱フィルム 金沢区のチタンゴールドフィルム 港南区のカーフィルム 港北区のメタルゴールドフィルム 栄区のチタンゴールドフィルム 瀬谷区のスパッタフィルム 都築区のスパッタ60 鶴見区のメタルフィルム 戸塚区のメタリックフィルム 中区の低反射フィルム 西区のリンテックカーフィルム 保土ヶ谷区のスーパーブラックフィルム 緑区のマディコカーフィルム 南区のソーラーガードクアンタムカーフィルム 麻生区のプライバシー保護フィルム 川崎区のチタンフィルム 幸区のスモーク断熱フィルム 高津区のスーパーゴールドカーフィルム 多摩区のパステルカラーフィルム 中原区のチタンゴールドフィルム 宮前区のニュープロテクションカーフィルム 足立区のメタルフィルム 荒川区のプレミアムスモークフィルム 板橋区のカーフィルム 江戸川区のスパッタフィルム 大田区のメタリックゴールドフィルム 葛飾区のハーフミラーフィルム 北区のブロンズミラーフィルム 江東区のチタンゴールドフィルム 品川区の3Mカーフィルム 渋谷区のスモーク断熱フィルム 新宿区のマディコレイバングリーンカーフィルム 杉並区のスパッタ60 墨田区のチタンゴールドフィルム 世田谷区のメタリックフィルム 台東区の車検対応断熱フィルム 中央区のスーパーブラックフィルム 千代田区のメタルゴールドフィルム 豊島区のパステルミラーフィルム 中野区のメタルフィルム 練馬区の金属蒸着フィルム 港区のカーフィルム 文京区のスモークフィルム 目黒区のパステルカラーフィルム 昭島市のメタルゴールドフィルム あきる野市のスパッタフィルム 稲城市のカーフィルム 青梅市のスーパーブラックフィルム 清瀬市のプラチナスモークフィルム 国立市のシーマルカーフィルム 小金井市のノーマルスモークフィルム 国分寺市のパステルミラーフィルム 小平市のメタリックブルーフィルム 狛江市のスパッタリングカーフィルム 立川市のミラーレッドカーフィルム 田無市のチタンゴールドカーフィルム 多摩市のスパッタ80 調布市のチタンフィルム 八王子市のスモークフィルム 羽村市のブラックサファイアフィルム 東久留米市のブラックチタンカーフィルム 東村山市のメタルゴールドフィルム 東大和市の金属蒸着フィルム 日野市のブラックフィルム 府中市のソーラーガードクアンタムカーフィルム 福生市のプレミアムスモークフィルム 保谷市のヒートカットクリアフィルム 町田市のファンキーカーフィルム 三鷹市のハッピーカーフィルム 武蔵野市のスパッタリングフィルム 武蔵村山市のパステルミラーフィルム 西多摩郡のカーフィルム 千葉市のメタリックフィルム 旭市のスパッタカーフィルム 我孫子市の車検対応断熱フィルム 市川市のアルミメタライズフィルム 市原市のスーパーブラックフィルム 印西市のファイティーンカーフィルム 浦安市スパッタリングゴールドフィルム 柏市のスパッタカーフィルム 勝浦市の金属蒸着カーフィルム 鎌ヶ谷市のカーフィルム 鴨川市の高透明カーフィルム 木更津市のプレミアムスモークフィルム 君津市のチタンフィルム 佐倉市のメタリックフィルム 佐原市のブラックチタンカーフィルム 袖ヶ浦市のスパッタカーフィルム 館山市のブラックサファイアカーフィルム 銚子市のマディコレイバングリーンカーフィルム 東金市のインフィニティーカーフィルム 流山市のブルーメタルカーフィルム 習志野市のブロンズミラーフィルム 成田市のスパッタゴールド60カーフィルム 野田市のチタンカーフィルム 富津市のスーパーブラックフィルム 船橋市のメタリックゴールドフィルム 松戸市のスモーク断熱フィルム 茂原市のアルミ蒸着カーフィルム 八街市のスモークフィルム 八千代市のミラーブロンズカーフィルム 八日市市のプレミアムスモークフィルム 四街道市の車検OKカーフィルム 南房総市のスパッタゴールドカーフィルム 鋸南町メタルゴールドフィルム 



DSC04168.JPG



30%.png




7YcoI01414030098.png






スポンサーリンク



posted by エムズ at 08:00 | Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

毎月1日は、高品位・高品質なエシュロン・ゼンゼロダイナミック・ガラスボディーコートの日


★★ ECHELON Zen−Xero Dynamic ★★

ボディーコート史上最高ランクの光沢度と驚異の撥水力はトップクラスのエシュロンゼンゼロが創り出す究極の輝きと、撥水効果を長期間持続するイノベーション被膜で、異次元のハイブリッド構造が力強いガラスコーティング被膜を形成します。 是非、あなたも究極のボディーコートを体感してください。


zenxerodynamic05.png ★ 持続する超撥水性能の秘密 ★
 従来、撥水性を有するガラス被膜は、撥水性をもたらすフッ素やメチル基など  
 の撥水基が被膜の表面で形成され作用するため、経時変化による被膜表面の減
 少によって、著しく撥水性が失われていくという欠点がありました。ゼンゼロ 
 ダイナミックはこれまでにないフッ素とガラスの完全融合を実現しガラス被膜
 中に均一にフッ素が配合されることで、被膜の減少が生じた場合でも常に撥水
 基が存在することで撥水状態を持続します。
zenxerodynamic04.png 
 ★ ガラスとフッ素の完全融合 ★
 シリカ同士の結合間にフッ素が均等に配列することで、優れた撥水性と平滑性
 を実現し、これまでにない性能の持続性を得ています。



zenxerodynamic09png.png ★ 動的撥水性のメカニズム ★
 ゼンゼロダイナミックにおける動的撥水性の実現は、原
 材料の選定からフッ素の 配合比率まで、全て要素を最
 適なバランスで使用することで実現しました。動的撥水
 性を引き出すためには、被膜表面の平滑性や撥水自体の
撥水角など様々な要素のバランスが重要となります。単純にフッ素を被膜表面に配置しただけでは困難です。原材料の選定から配合量など、基本となる考えを動的撥水性を主眼に再考し、新たな機能性を実現しました。塗装面上の水滴を積極的に流れやすくすることでシミなどのダメージを大幅に軽減します。


zenxerodynamic07.png ★ ゼンゼロテクノロジー ★
 アクセラレータ効果でガラス被膜を塗装面に強固に定着
 これまでないガラス被膜とフッ素の完全融合を実現し、
 均一に配列する事で優れた撥水を持続。高い平滑性によ
 り積極的な流水である動的撥水機能でウォータースポッ
トを付きにくく。膜厚のあるガラス被膜が深みのある艶と優れた光沢を実現します。特殊フッ素により耐酸性をはじめ、優れた耐薬品を実現します。



DSC04396.JPG


festisite_youtube2.png




エシュロンボディーコート・プロショップ
エムズ・ファクトリィー





スポンサーリンク



posted by エムズ at 08:00 | Coating | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

ソーラーガードスパッタカーフィルムが多くのユーザーに選ばれるこれだけの理由を検証してみた


△△△ ソーラーガードクアンタムの標準性能がもの凄かった △△△


ソーラーガードカーフィルムは、運転をされる方々の安全DSC03587.JPG
を第一に考え、カーフィルムに使用する接着層の構造ベースフィルムを独自の技術によって開発し、車内から見える透明度を極限まで追求したカーフィルムをリリースしています。「カーフィルムを施工すると視界が暗くなる」これはカーフィルムの色目により必ず発生する問題点であり運転に悪影響を及ぼす可能性もありますが、ソーラーガードクアンタムシリーズは車内から良好な視界が得られます。


(画像参考 クアンタム14 可視光線透過率13%)


車内の内装や装飾品は紫外線・太陽熱によって退色、変色DSC03584.JPG
します。同様に通常の染色スモークカーフィルムも、経年により徐々に劣化し色落ちや、色抜けという現象が起こります。カーフィルムの耐久性能はメーカーにより様々ですが、劣化したフィルムを貼り替えるには、フィルムの剥離代が必要です。又、劣化フィルムを剥離する際に、熱線が剥がれてしまう危険性があることも考慮が必要です。色褪せ、変色が極力少ないないクァンタムは上記問題点全てをクリアします。しかしながらクァンタムは特殊フィルムになる為、施工できるプロショップが少ないのも事実です。



太陽光線には3つの熱エネルギーが含まれ、波長領域がastm-e-86.png
持つエネルギーの割合は下記の通りになります。











solargard_logo.gif



無無題.png



sam1.gif




横須賀のソーラーガードカーフィルム・プロショップ
エムズ・ファクトリィー




スポンサーリンク



posted by エムズ at 08:00 | Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする