スポンサーリンク

2020年01月03日

ペットの熱中症対策に有効なのは、断熱・遮熱フィルムを車の全ガラスに施工する事です。これ常識。


★ペットの熱中症対策・ワンコの熱中症予防・ワンちゃんの熱中症防御対策★


ワンちゃんをはじめとした多くの動物は汗をかきません。 つまり、汗によって気化熱で涼しさを感じることができないわけです。 さらに全身を毛でおおわれているため熱を放出できません。やはり暑さ対策は必須事項で心配なのがワンちゃんの熱中症です。 気温22℃〜湿度60%以上で、熱中症の危険性が出てくると言われています。 ペットを車に乗せるオーナー様!ワンちゃんに有効な熱中症対策なら、車のガラスに透過率の低い断熱フィルムを施工する事をお勧めします。

ワンちゃんは暑さにとても弱い動物です。 飼い主が気付かないうちに熱中症になり、最悪の場合は命を落とすこともあります。 大切な愛犬を守るためにも熱中症対策は万全にして下さい。


飼い主が暑いと感じる温度は
ワンちゃんにとってはとっても暑いということをお忘れなく!
ここ大事!


ワンちゃんは体温調節が苦手です。 言葉で暑さを訴えることもできませんから、飼い主が十分に気をつけてあげて下さい。 暑い時期の炎天下では、車内にペットをおいて離れてはいけません。 閉め切った車内は50℃近くまで温度が上がってしまいます。

熱中症は、太陽光が差し込む車内での留守番などが原因で発生します。 急激な体温の上昇により、パンティング、よだれといった症状が現れ
ひどい場合には呼吸困難や吐血、血便などを起こし、ときに命に関わることもあります。 ほとんど発汗をしない犬は、車内に閉じこめられたり、水分制限されたりといった環境では体温調節が難しく、熱中症になりやすい傾向がありますので、特にお気をつけて下さい。

犬の熱中症の原因でもっとも多いのが、車内での留守番といわれています。 炎天下の駐車場で、エアコンをつけずに停車した車内は、熱がこもり温度が上昇します。 そのような車内では、たった数分で熱中症になってしまうことがあります。 又、エアコンの代わりに窓を少し開けたとしても、安心はできません。 換気が十分ではないうえ不慣れな車内での留守番に興奮し体温が急上昇する場合がありますので、飼い主の方はご注意下さい。


そこで熱中症対策の一つとして
断熱・遮熱フィルムを車の全ガラスに施工するのが有効です。
断熱・遮熱フィルムでワンちゃんをクールダウンさせててください。




★★ ハイクオリティーハイパフォーマンスチタンゴールドフィルム ★★


ゴールドチタンカーフィルムは、デザイン性と機能性を兼ね備えた高品質なカーフィルムです。 カーフィルムは色だけでは決められない。プレミアムカーにはそれにふさわしいパフォーマンスを。 ナチュラルな低反射、そして科学的根拠に裏づけられた機能性。 リンテック・ニュープロテクション・ブレインテックのチタンゴールドフィルムは、スペシャルハイクオリティーハイパフォーマンスで見る者の目を奪います。


ワンコを新たな世界へ誘うハイパフォーマンスをぜひ体感ください。





ip.png




ir.png




festisite_youtube3.png






スポンサーリンク



posted by エムズ at 08:00 | Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする