スポンサーリンク

2019年11月27日

太陽が高い起動をとる夏場より、低い位置を移動する冬は常時紫外線が車の中に降り注ぐから要注意


なんちゃってじゃない高機能紫外線対策カーフィルムプロショップ

エムズ・ファクトリィー




● 有効な紫外線対策カーフィルムは秋からでも遅くはありません ●

紫外線の強さは真夏と同じレベルなのです!気付かないうちにダメージが進行しやすいのがこの時期です。
ダメージを未然に防ぐため、今から紫外線対策を始めましょう。

肌が赤くなる日焼けの原因は減少してきますが、肌が黒くなる日焼けの原因はそれほど減少していません。無防備でいると、角質層を傷めてしまい肌のハリを失い、老化の原因になってしまいます。そうならないために、早めの紫外線対策をお勧めします。

春先の日焼けも注意が必要です。紫外線量のピークは5〜6月と言われていますが、春先でも真夏と殆ど変わらないと言われています。

今やUV対策は一年中が基本です。その理由は紫外線の量だけではありません。肌は1年のうち春先が最もメラニンが少なくなっている為、紫外線からのダメージを受けやすくなっています。

一般的に紫外線量がもっとも少ない冬の時期が、肌が一番白くなっていると思われがちですが、お肌への影響は後に出てきます。春先が一番メラニンが少なく、紫外線に対して無防備な状態だといわれています。

曇りの日や雨の日の弱い紫外線でも、蓄積すれば老化は確実に進行しますし、毎日浴び続ければお肌に悪影響を及ぼします。日々の生活中も注意して対策する事が肝心です。

子どもの頃は日焼けをしても、数日で小麦色に焼けた健康そうな滑らかな皮膚に戻ります。しかし、毎日紫外線を浴び続けている顔の皮膚には。20歳を過ぎたころから、シミなどの症状が出始めます。日差しを浴びて数時間後に皮膚が赤くなることをサンバーンといいます。これは、皮膚の血流量の増加が原因といわれています。

そうならない為にも、貴方ご自身はもとより大切なお子様や、ご家族を有害な紫外線からお守りできるのが、UVカットフィルムです。断熱効果を兼ねたフィルムならより快適なドライブをお約束できます。

お肌は紫外線による刺激をうけると、表皮の最下部にあるメラノサイトが、人体に有害な紫外線が体の内部に深く浸透するのを防ぐためにメラニンを作ります。このメラニンが周りの細胞に入り込み、広がるのが「日焼け」。少々の日焼けなら、肌を紫外線から守ってくれるバリア効果があるのです。日焼けは、メラニンが代謝され、お肌が新しく生成される時や年代と共に次第にうすくなっていきます。しかし、お肌が過度に紫外線を浴びると一部のメラノサイトが過剰にメラニンを作り続けてしまい、その部分がお肌の表面に現れ、しみになってしまいます。従い、しみ対策は紫外線をなるべく浴びなくする対策をとる事が大事なのです。

肌のシミの原因にはいくつかありますが、一番に上げられるのが紫外線です。その他にも多々あります。加齢やストレス・睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などです。加齢は誰にでもやってきますし、睡眠不足なら休養すれば済みます。肌の炎症やニキビなどはサプリメントや塗布剤でカバーできます。お肌のシミ・シワ・老化に一番影響のある紫外線はどうすればいいか?それはふりそそぐ有害な紫外線を防御する事で低減できます。

運転席・助手席はもちろん今や、フロントガラスに断熱UVカットフィルムを貼る方が増えています。
有害な紫外線を99%カットする断熱フィルムをエムズスタイルでは多数取り扱っています。


● 透明断熱カーフィルム ●

ウィンコスオートモーティブフィルムや3Mピュアカット89は高い断熱性能があり、女性やお子様、ペットを有害な紫外線から守るカーフィルムです。又、万が一の衝突時にもガラスの飛散を低減するという効果も兼ね備えています。




30%off.png



area02_zuhan03.gif



imagesXQ20I45P.jpg









スポンサーリンク



posted by エムズ at 08:00 | Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする