スポンサーリンク

2016年02月24日

イージス艦きりしまからヘリコプター搭載艦いずもまで、海上自衛隊御用達のカーフィルムはエムズ。


自衛官の方のご要望に200パー神対応させて頂きます!
ノーマルカーフィルム・スパッタカーフィルム・パステルカーフィルム30%OFF+TAX0%


とにかく明るいファイティーンカーフィルム
快適さを追求する方にはスパッタカーフィルム
一世風靡したいのなら進撃の低反射カーフィルム
他車と差別化を図りたいならメタリックカーフィルム
愛車をポップにしたい方にはパステルカラーカーフィルム
スモークフィルムの追随を許さないアルミ蒸着カーフィルム
でも暑いのはヤダ!という方にはスモーク断熱カーフィルム
色付きは避けたいという方には車検対応透明断熱カーフィルム
着色スモークフィルムは飽きたという方にはメタルカーフィルム
少し反射するタイプを貼りたいという方にはチタンカーフィルム
車内を覗かれたくないという方にはスーパーブラックカーフィルム
とにかく低コストが一番という方にはノーマルスモークカーフィルム
ハイクオリティーハイパフォーマンスを追求する方には金属蒸着フィルム
センセーショナルなハイパフォーマンスハイセンスなメタルゴールドカーフィルム
透過率も反射率も高い究極のカーフィルムをお求めの方にはスパッタゴールドカーフィルム


DSC04339.JPG



images8UP4QR3A.jpg



imagesGWYXJBZI.jpg



cooltext1538768975.png






★ 横須賀軍港めぐり ★


YOKOSUKA軍港めぐりで観られる艦船は、米海軍第七艦隊や海上自衛隊の潜水艦や護衛艦等盛りだくさん。迫力満点の艦船を間近に眺めながらのクルージングは横須賀ならではの魅力です。但し、訓練等で出港していて艦船がまばらな日もあります。タイミングが良ければ原子力空母「ジョージワシントン」や最新鋭イージス艦、ヘリコプター搭載艦いずも、潜水艦や南極観測船しらせも見学出来ます。



★ 記念艦みかさ ★


NHKドラマ司馬遼太郎の、坂の上の雲で話題になった記念艦みかさ。明治37〜38年の日露戦争においてロシア艦隊を撃滅し、戦勝のきっかけを作った大日本帝国海軍連合艦隊の旗艦三笠を公開している。艦内には「敵艦見ゆ」の第1報を受信し、「本日天気晴朗なれども波高し」の有名な電文を送った無線電信室をはじめ、東郷平八郎司令長官公室、司令塔などが保存され、日本海海戦の模様を伝える数多くの資料も展示されています。



★ 猿島 ★


三笠公園の沖合に浮かぶ周囲約1、6キロの無人島。戦前は旧海軍の要塞地帯、今は海上公園となっています。島内は暖地性植物が茂り、砲台跡や苔むした石垣、レンガ造りのトンネルなどかつての要塞の島の面影をたどりながらの自然散策やバーベキュー、磯釣りが楽しめます。売店や休憩所があり、夏は海の家も出て海水浴客で賑わいます。



★ ドブ板通り ★


ドブ板通りは、横須賀軍港に程近い所にある全長300M程の通りの商店街です。スカジャンの発祥地として有名。戦前、この通りには道の中央にドブ川が流れていたが、人やクルマの通行の邪魔になるため海軍工廠より厚い鉄板を提供してもらいドブ川に蓋をしたことから「ドブ板通り」と呼ばれるようになりました。その後ドブ川・鉄板ともに撤去されましたが、ドブ板の名だけが残りました。横須賀ネイビーバーガーや横須賀海軍カレー等を提供する店舗はこのエリアに集中しています。



★ 横須賀美術館 ★


横須賀市の市制100周年を記念して、風光明媚な観音崎に2007年にオープンした美術館です。多彩な企画展を開催しているほか、横須賀・三浦半島にゆかりのある画家たちの作品をはじめ、日本の近現代美術の名品約5,000点の中から選んだ所蔵品展、週刊新潮の表紙絵で知られ、ノスタルジックな雰囲気に癒される谷内六郎作品を常設展示しています。横須賀美術館は過去に日本の絶景美術館のランキングで上位に選ばれたこともあります。東京湾を臨み、緑に囲まれた屋外の素晴らしい眺望は三浦半島でも指折りの景観です。近接の県立観音崎公園は、東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がっていて、海上を行き交う船舶を眺めたり、シイやタブを中心とした照葉樹林のなかを散策したり色々なレクリエーションをご体験いただけます。



★ 観音崎灯台 ★


日本最初の洋式灯台として明治元年1868年に起工し、翌年1月1日に点灯しました。映画「喜びも悲しみも幾歳月」(1957)のロケ地としても知られています。日本最古の洋式灯台として日本の灯台50選に選ばれていて、東京湾の浦賀水道を照らし、浦賀水道航路の安全に寄与している。又、この灯台の着工日を記念して11月1日が灯台記念日に指定。大正時代の地震により2度再建され現在の灯台は3代目です。


★ 走水神社 ★


日本武尊が東征の際に当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村民に与え、その冠を石櫃に納め、その上に社殿を建て日本武尊を祀ったことが走水神社の始まりだと伝えられています。弟橘媛が海に身を投げた際に詠んだ歌は、明治43年に歌碑として走水神社の境内に建碑され除幕式には東郷平八郎、乃木希典も列席しています。上総国へ出兵した日本武尊一行は海上で暴風雨に遭い、弟橘媛が海へ身を投じて暴風雨を鎮めた。後日、海岸に弟橘媛の櫛が流れつき、村人は旗山崎に社を建てて櫛を納めたとされる。この社が弟橘媛を祀る橘神社であったが、明治18年に旗山崎が軍用地になり走水神社境内へ移され、その後明治42年に合祀された。パワースポットとしも有名で、多くの恋多き女子が訪れます。







スポンサーリンク

posted by エムズ at 11:00 | Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする