2018年05月20日

厚木のソーラーガードカーフィルム 綾瀬のスパッタフィルム 大和のメタリックフィルム


■ 光学的特性 ■

HP Quantum52  可視光線透過率46%  日射反射率10%
HP Quantum37  可視光線透過率37%  日射反射率09%
HP Quantum28  可視光線透過率32%  日射反射率10%
HP Quantum19  可視光線透過率23%  日射反射率12%
HP Quantum14  可視光線透過率17%  日射反射率13%

HP Supreme42  可視光線透過率43%  日射反射率11%
HP Supreme35  可視光線透過率35%  日射反射率11%
HP Supreme22  可視光線透過率23%  日射反射率10%
HP Supreme16  可視光線透過率15%  日射反射率09%
HP Supreme10  可視光線透過率07%  日射反射率08%
HP Supreme04  可視光線透過率04%  日射反射率08%



DSC05148.JPG



300.png



rjK0001414029199.png




posted by エムズ at 08:00| Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

ファンタスティックなボディーコーティングならプロが推すエシュロンで決まり!


エシュロンボディーコートは、塗装面と化学結合し、高硬度、耐熱性能
高耐久性能、防腐食性能、防錆性能、耐薬品性能などを持つ
無機質な膜を形成し、トップレベルの膜厚感と重厚な艶を得られます。
撥水性・滑水性・親水性被膜を形成しウォータースポットや汚れの付着を低減
シロキサンを主成分とし加水分解と架橋反応によって強固なガラス被膜を形成し
あなたのお車を長期にわたり外的要因から守ります。

ファンタスティックなボディーコーティングをエムズがエスコートさせて頂きます。




DSC04202.JPG



festisite_youtube2.png



festisite_youtube.png







posted by エムズ at 08:00| Coating | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

秦野のスパッタゴールドカーフィルム 南足柄のチタンゴールドフィルム 小田原のメタルフィルム


スパッタやメタリック・チタン系カーフィルムはデザイン性と機能性を兼ね備えた高品質なカーフィルムです。リンテック・ソーラーガード・ブレインテック・サンテック・ニュープロテクション・マディコ等の金属蒸着フィルムは、着色フィルムより優れた車内の空調効率の向上やUV&IRカットなど、快適な車内環境の実現に大きく寄与します。プレミアムカーにはそれにふさわしいパフォーマンスを。ナチュラルな低反射、そして科学的根拠に裏づけられた機能性。これらのアイテムは最先端技術を駆使してリリースされた品位と機能を兼ね備えたハイクオリティハイブリッドカーフィルムで透明感と高級感のある反射度合いをバランス良く調和し、より広いニーズに対応します。



DSC04167.JPG



30%.png




cooltext1538768975.png






posted by エムズ at 08:00| Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

横須賀のガラスボディーコーティング 三浦のボディーコート 葉山のチタンボディーコート


★ Zen-Xero テクノロジーによる優れた圧倒的耐久性 ★

従来のガラス被膜コートでは被膜自体の強度は確立されていても、塗装面との結合という点で改善の余地が残されていました。 それは有機質である塗装 面に無機のガラスを結合させるという点で、結合力が弱く塗装面上の凹凸に合わせて乗っているイメージでした。 Zen-Xero Dynamicは塗装とガラス被膜をより強固に定着させるため、専用のアクセラレーター(プライマー)を新開発。 プライマーは独自のハイブリッド構造によって塗装面側には有機質の部分が密着し、上に載せるガラス被膜に対しては無機質同士で強力に結合します。 さらにアクセラレーター自体もガラス質の被膜を形成することで、深みのある光沢と平滑性を実現しZen-Xero Dynamicの効果を100%発揮します。


★ 持続する超撥水性能の秘密 ★                  zenxerodynamic05.png
撥水性を有するガラス被膜は撥水性をもたらすフッ素やメチル基などの
撥水基が被膜の表面で形成され作用するため、経時変化による被膜表面の
減少によって撥水性が失われていくという欠点がありました。
Zen-Xero Dynamicは、これまでにないフッ素とガラスの完全融合を実現し
ガラス被膜中に均一にフッ素が配合されることで、被膜の減少が生じた場合でもzenxerodynamic04.png
常に撥水基が存在する超撥水状態を長期間に渡り持続します。
Zen-Xero Dynamicは、コーティング史上最高最上級の超硬度を誇り    
コーティング被膜は耐スクラッチ性能に優れるだけでなく
紫外線や酸性雨など様々な外敵からボディを保護し、テクノロジーによる
アクセラレーター効果でガラス被膜性能を大幅にUP、動的撥水機能により
美しい撥水とシミのつきにくい機能性のコラボを実現しています。
                                     

★ ガラスとフッ素の完全融合 ★           zenxerodynamic07.png
シリカ同士の結合間にフッ素が均等に配列することで
優れた撥水性と平滑性を実現し、これまでにない性能の
持続性を得ています。


★ 動的撥水性のメカニズム ★            zenxerodynamic09png.png
Zen-Xero Dynamicにおける動的撥水性の実現は
原材料の選定からフッ素の配合比率まで、全て要素を
最適なバランスで使用することで実現しました。
動的撥水性を引き出すためには、被膜表面の
平滑性や撥水自体の撥水角など様々な要素のバランスが重要となります。 単純にフッ素を被膜表面に配置しただけでは困難で、原材料の選定から配合量など基本となる考えを動的撥水性を主眼に再考し、新たな機能性を実現し、塗装面上の水滴を積極的に流れやすくすることでシミなどのダメージを大幅に軽減します。



DSC04929.JPG



festisite_dominos_pizza8.png



festisite_dominos_pizza2 (1).png





posted by エムズ at 08:00| Coating | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

館山のソーラーガードカーフィルム 南房総のスパッタフィルム 鴨川のチタンカーフィルム


△△△ ソーラーガードクアンタムの標準性能 △△△


ソーラーガードカーフィルムは、運転をされる方々の安全DSC03587.JPG
を第一に考え、カーフィルムに使用する接着層の構造ベースフィルムを独自の技術によって開発し、車内から見える透明度を極限まで追求したカーフィルムをリリースしています。「カーフィルムを施工すると視界が暗くなる」これはカーフィルムの色目により必ず発生する問題点であり運転に悪影響を及ぼす可能性もありますが、ソーラーガードクアンタムシリーズは車内から良好な視界が得られます。


(画像参考 クアンタム14 可視光線透過率13%)


車内の内装や装飾品は紫外線・太陽熱によって退色、変色DSC03584.JPG
します。同様に通常の染色スモークカーフィルムも、経年により徐々に劣化し色落ちや、色抜けという現象が起こります。カーフィルムの耐久性能はメーカーにより様々ですが、劣化したフィルムを貼り替えるには、フィルムの剥離代が必要です。又、劣化フィルムを剥離する際に、熱線が剥がれてしまう危険性があることも考慮が必要です。色褪せ、変色が極力少ないないクァンタムは上記問題点全てをクリアします。しかしながらクァンタムは特殊フィルムになる為、施工できるプロショップが少ないのも事実です。



太陽光線には3つの熱エネルギーが含まれ、波長領域がastm-e-86.png
持つエネルギーの割合は下記の通りになります。











solargard_logo.gif



無無題.png



sam1.gif








posted by エムズ at 08:00| Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

エシュロンナノフィルは大幅な性能向上を実現した3Dネットワーク被膜構造


■ ECHELON NANO−FIL ■


■大幅な性能向上を実現した3Dネットワーク被膜構造■        nanofil-pro_01.jpg

NANO-FIL最大の特徴は初期安定性による被膜への
ダメージ軽減と圧倒的な膜厚感を持ちながら、作業
性の向上等、総合的に大幅な性能向上を実現し、ガ
ラス被膜でありながら柔軟性を持つという新開発の
3Dネットワーク被膜構造にあります。最大のポイン
トはガラス被膜や硬度といったスペックにこだわるの
ではなく、コーティングの基本である塗装を保護し、
美感を長期間維持するということを追求したことです。
その結果としてこれまでにない新しい概念の被膜構造
が誕生しました。従来のガラス被膜構造は均一な
立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており塗装面への追従性の限界やキズなどのダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。それに対して新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で、直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。


■これまでの弱点を克服した耐候性■            nanofil-pro_04.jpg

3Dネットワーク被膜構造は強力なエネルギーを持った
シロキサン結合を主骨格に持ち、紫外線の影響を受けず
強固な耐候性を発揮します。これらの性能によって
酸性雨や樹液、糞害、黄砂、花粉などの外的要因からの
ダメージを防ぐとともにスクラッチシールド塗装のような
特殊高弾性塗装をはじめ耐スリ性塗装や水性、粉体塗装等
様々な塗装面に対応します。

NANO−FILの超滑水被膜は美しさと機能性の両立
イノベーションコーティングです。
超滑水被膜の水滴は楕円形でレンズ効果が出にくい形状で
水滴が流れ落ち塗装面上にウォータースポットが
固着しづらい特徴を持っています。


■初期の被膜安定性を向上しダメージを大幅に軽減■            nanofil-pro_05.jpg

従来のガラス被膜コーティングは空気と反応して被膜が
硬化していくという性質上、施工直後の被膜性能が十分
でなく、外的要因によるシミなどのダメージを受けやすい
という弱点がありました。NANO-FILは、基本的な反応の
メカニズムは従来と同様ながら3Dネットワーク被膜構造と
いう新しい架橋構造によってその弱点を克服しました。
特殊なプロセスで精製した高純度シリコーンを採用し
そこに被膜構造を確立する為の添加剤を用いて完全反応する
不純物の一切残らないハイブリッド被膜を形成することで
被膜の優れた初期安定性を実現しシミなどのダメージを最小限に抑えます。




festisite_dominos_pizza8.png




festisite_dominos_pizza3.png






posted by エムズ at 08:00| Coating | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

横須賀のアルミメタライズカーフィルム チタンフィルム メタリックフィルム 金属蒸着フィルム


横須賀の反射カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の顔料カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の3Mカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の着色カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の断熱カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の遮熱カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のミラーカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の高透明カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の高断熱カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の熱遮断カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の遮光性カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の低反射カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の日照調整カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の金属装着カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のマディコカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の車検対応断熱フィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の透明断熱カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のシーマルカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の飛散防止カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のヒートカットフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の車検OKカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀の自動車用カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のアルミ装着カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のメタリックカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のUVカットカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のルミクールカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のインポートカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のウィンコスカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のスパッタ加工カーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のJIS適合品カーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀の紫外線カットカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のハーフミラーカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のシルフィードカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のユニグローブカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のコーディネートカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のソーラーガードカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のパステルカラーカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のブレインテックカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のアウトレジアスカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のプライバシー保護カーフィルムならエムズ・ファクトリィー   横須賀のスーパーブラックカーフィルムならエムズ・ファクトリィー /span>横須賀のニュープロテクションフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のリンテックサンマイルドカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 横須賀のマディコレイバングリーンカーフィルムならエムズ・ファクトリィー   横須賀のソーラーガードクアンタムカーフィルムならエムズ・ファクトリィー  横須賀のソーラーガードスプリームカーフィルムならエムズ・ファクトリィー 



DSC03881.JPG



30%.png




cooltext1538768975.png





posted by エムズ at 08:00| Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

数多のボディーコートの中からエシュロンゼンゼロダイナミックを選んだあなたは偉い


★★ ECHELON Zen−Xero Dynamic ★★

ボディーコート史上最高ランクの光沢度と驚異の撥水力はトップクラスのエシュロンゼンゼロが創り出す究極の輝きと、撥水効果を長期間持続するイノベーション被膜で、異次元のハイブリッド構造が力強いガラスコーティング被膜を形成します。 是非、あなたも究極のボディーコートを体感してください。


zenxerodynamic05.png ★ 持続する超撥水性能の秘密 ★
 従来、撥水性を有するガラス被膜は、撥水性をもたらすフッ素やメチル基など  
 の撥水基が被膜の表面で形成され作用するため、経時変化による被膜表面の減
 少によって、著しく撥水性が失われていくという欠点がありました。ゼンゼロ 
 ダイナミックはこれまでにないフッ素とガラスの完全融合を実現しガラス被膜
 中に均一にフッ素が配合されることで、被膜の減少が生じた場合でも常に撥水
 基が存在することで撥水状態を持続します。
zenxerodynamic04.png 
 ★ ガラスとフッ素の完全融合 ★
 シリカ同士の結合間にフッ素が均等に配列することで、優れた撥水性と平滑性
 を実現し、これまでにない性能の持続性を得ています。



zenxerodynamic09png.png ★ 動的撥水性のメカニズム ★
 ゼンゼロダイナミックにおける動的撥水性の実現は、原
 材料の選定からフッ素の 配合比率まで、全て要素を最
 適なバランスで使用することで実現しました。動的撥水
 性を引き出すためには、被膜表面の平滑性や撥水自体の
撥水角など様々な要素のバランスが重要となります。単純にフッ素を被膜表面に配置しただけでは困難です。原材料の選定から配合量など、基本となる考えを動的撥水性を主眼に再考し、新たな機能性を実現しました。塗装面上の水滴を積極的に流れやすくすることでシミなどのダメージを大幅に軽減します。


zenxerodynamic07.png ★ ゼンゼロテクノロジー ★
 アクセラレータ効果でガラス被膜を塗装面に強固に定着
 これまでないガラス被膜とフッ素の完全融合を実現し、
 均一に配列する事で優れた撥水を持続。高い平滑性によ
 り積極的な流水である動的撥水機能でウォータースポッ
トを付きにくく。膜厚のあるガラス被膜が深みのある艶と優れた光沢を実現します。特殊フッ素により耐酸性をはじめ、優れた耐薬品を実現します。




festisite_dominos_pizza8.png




festisite_dominos_pizza3.png





posted by エムズ at 08:00| Coating | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

大和のメタルフィルム 厚木のスパッタゴールドカーフィルム 綾瀬の金属蒸着フィルム30%OFF


■ 貴金属色系低反射スパッタフィルム ■


ドレスアップ的な要素を求められていたカーフィルムも、時代の流れと共にファッション性+高機能という付加価値がプラスされています。スモーク断熱フィルムより、さらにワンランク上の赤外線カット効果を持つアイテムが金属蒸着フィルム。いわゆるスパッタリングフィルムになります。スモークタイプにはないスパッタ独特のウィンドウを濃くしたようなナチュラルな低反射、間違いなくオーナー様の感性を刺激します。VLT(可視光線透過率)が高いにも関わらず優れた遮熱性を持ち、外側からは反射率の関係で、見る角度により車内が見えにくくなる特性や施工するガラス面によっては電波障害を起こす場合も有り、というリスクがあります。



DSC04281.JPG



無無題.png




sam1.gif


posted by エムズ at 08:00| Car film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする